TOP GALLERY ・STORY CHARACTER ・FILE ・SHOP BLOG ・MAIL LINK 

 

 

名前:九十九 菫 tukumo sumire

年齢:16歳

身長:165cm

血液型:O型

誕生日:9月1日

特技:パルクール、ボルダリング、読書、近接格闘術

 

「失敗は許されない、すべて完全完璧にこなしてみせる・・・」

 

完璧主義者でアニメや読書が好き、胸が小さい事を気にしているごく普通の女子高生。

しかし裏では“社会不適合委員会”に属する“霧”の特殊部隊の一人。

見えず、掴めず、全ては深い霧へと消える。

世界的大事件が起こる場所には必ず“霧”が居る。

九十九は日本での任務中に、ロシアから日本へ拠点を移した雪平に呼び出され、

ドクターと雪平の行動の手助けをするように指示される。

九十九は尊敬する雪平と共に行動する事に喜んだが、一緒に居たドクターの

理解に苦しむ思想、行動に少しずつ疑問を抱くようになっていく・・・。

 

過去:母は日本人、父はロシア人のハーフ。ロシアのサンクトペテルブルクで生まれ育つ。

幼い頃から父に“霧”としての思想、理念を教わり、育てられ、鍛えられる。

10歳の誕生日の日に父親は九十九にナイフを渡し、連れて来た男性を殺せと九十九に命じる。

九十九は的確な動作で殺してみせた。

それからも九十九は父親の言う事をすべてを完璧にこなしていく。

父に失望されないように、父が褒めてくれる為に。

そして九十九は尊敬する父に言われ“生体兵器研究生成機関”の人体実験に自らの体を差し出す。

それが死ぬかもしれないと解っていながら、父の為ならと・・・。

 

能力:【spider silk】【超能力(PSI)種】

手足から糸を生成し、自在に操る事ができる。

その糸は目には見えないほど細く、鋭利で頑丈で鉄骨を斬り裂くほど。

鋭さを調整することもでき、重い物でも糸で持ち上げる事も出来る。

糸を張り巡らせる事で相手の身動きを取らせず、敵の体を糸で切り裂く。