TOP GALLERY ・STORY CHARACTER ・FILE ・SHOP BLOG ・MAIL LINK 

 

 

 

名前:ドクター・ベルモンド・フルヴィア dokutaa berumondo huruvia

年齢:22歳

身長:142cm

血液型:O型

誕生日:4月15日

特技:薬物生成、兵器開発、ひみつ道具作り

 

「遊ぼうよ、ボクもオモチャもなにもかもが壊れて崩れてぐちゃぐちゃになるまで」

 

彼女は生まれながらにして悪であり、狂人であり、天才でした。

その緑目の少女はアニメで見た最大最悪の悪の天才科学者に憧れ、

世界征服を目論み、数々の悪行をしてきました。

ドクターは沢山の人を殺しましたが天才なので一度も捕まる事はありませんでした。

沢山の人間を使って実験もしました。すると天才なので大量に人を殺す化物ができました。

天才のドクターは沢山の人を化物に変える細菌を作ることに成功したので、

細菌を世界各地でばら撒いてパンデミックを起こし、沢山の人を化物にする事に成功しました。

世界は混沌に飲み込まれます。でもドクターの心は満たされません。

そんな時でした。天才のドクターにも理解できない“化物と人間が混ざった物”が生まれたのです。

悪の天才科学者は今日も“それ”を研究し続けます。“それ”に飽きるまで・・・

 

過去:世界を裏で操る大犯罪組織“社会不適合委員会”に所属する

世界に16人しかいない上位メンバーの一人

“生体兵器研究生成機関”のトップで雪平と共に数々の研究をしていた。

ドクターは色々な薬品を作り出し、その一つの若返りの薬を自分の人体に投与し、

自分の体を幼児化させることに成功しています。

 

能力:【悪の天才的頭脳】【不明(unknown)種】

狂気を具現化したような能力であり、生まれながらにして通常の脳と比較にならないほど

優れた頭脳をもっている。

その頭脳は悪事に特化しており、見返りが無い限り善意で動く事は無い。

基本的に興味があることにしか頭が働かず、興味があることに関しては人間の頭脳を越える。